決して焦らないように

チャットレディーは恋愛の対象になるか?
この質問には、残念ながらNOと答えたほうがいいかと思います。
チャットレディーは仕事として男性との会話をしている、いわゆる接客をしているといえます。
したがって、いくら恋人同士のような会話を交わしていても、それはあくまでも「営業」であると考えるべきでしょう。
しかし、チャットレディーも人間です。
常連客となり、親しい話をして打ち解けてくると、情を感じたり、感情移入するケースは決して少なくありません。
そのような気持ちが「恋愛」という感情に発展する可能性も否定はできないのです。
そういう状況に持っていくためにも、Webカメラの使用は必須です。
顔が見えない相手や状況で、一定以上の感情を持つようになることは難しいでしょう。
顔と顔を合わせてこそ、気持ちが動くことも起こりえるのです。
その上で、常連客となって親しい関係へと進んでいきましょう。
常連客ともなると、口にしないまでもこちらの好意は相手に伝わるに違いありません。
ただ、そのためには少なくとも1ヶ月は必要と考えて、決して焦らないように。
信頼関係が築けたと確信できた時点から、今度はプライベートに踏み込んでいけばいいでしょう。
趣味や好きなものなど、ある程度はプロフィールに書かれているので、それ以上のプライバシーを訊ねるのです。
ただしどうしても触れて欲しくない点もあるはずなので、そのときには無理強いをしないことが肝心です。
それらの結果に満足できるものがあれば、いよいよ核心に迫ります。
それは、女性の電話番号やメールアドレスを訊ねることです。
教えてくれれば、その気があると判断できますし、もしその気がなかったとしても今後の成り行き次第で発展させることは不可能ではないと考えられます。
ただし、「規則で禁じられているから」「サイトにログインすればいつでも話ができるわよ」などと言って教えてくれなければ、望みはないと判断したほうがいいでしょう。

Leave Your Comment

Your email will not be published or shared. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>